江國香織ニュース

江國香織さんの小説「真昼なのに昏い部屋」が講談社より発売!!

2010年3月26日に講談社より「真昼なのに昏い部屋」が発売されます。
この作品は週刊現代に連載していた作品をまとめたものです。
単行本:210ページ

【内容(amazonより)】
せめて、きちんとした不倫妻になろう。

満ち足りているはずの生活から、逃れようもなくどんどんと恋に落ちていく。
恋愛を、言葉の力ですべて白日の下にさらす、江國作品の新たなる挑戦!

私は転落したのかしら。でも、どこから?
会社社長の夫・浩さんと、まるで軍艦のような広い家に暮らす美弥子さんは、家事もしっかりこなし、「自分がきちんとしていると思えることが好き」な主婦。大学の先生でアメリカ人のジョーンズさんは、純粋な美弥子さんに心ひかれ、二人は一緒に近所のフィールドワークに出かけるようになる。時を忘れる楽しいおしゃべり、名残惜しい別れ際に始まり、ふと気がつくとジョーンズさんのことばかり考えている美弥子さんがいた――。

恋愛のあらゆる局面を、かつてない文体で描きつくす意欲作!

amazonのページで江國さんのインタビューが見れますよ(オススメ)