神様のボート

冷静と情熱のあいだ

ホリーガーデン

江國香織の言葉

神様のボート

冷静と情熱のあいだ - Rosso

出版社:角川文庫
単行本発売日:1999/10
文庫:275ページ

P.104
どこにいても一緒だった。べつべつにいてさえも一緒だった。

P.214
私の言葉は順正にしか通じない。

P.222
「人の居場所なんてね、誰かの胸の中にしかないのよ」

P.253
頂上に近づくにつれ、新鮮な外気の匂いがした。一段ずつ、空に近づく。空に、そして過去に。未来は、この過去の先にしかみつけられない。

amazonの詳細ページへ